忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[6] [5] [4] [3] [1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめまして。
中森つんと申します。

これから短歌ブログを始めます。
週に1回5つの短歌という、のんびり細々とした更新になりますので、
どうぞお気軽に閲覧していただければと思います。

それでは皆様、よろしくお願いいたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして
初めまして。
笹井(筒井)宏之さんを、そこまで想ってくださる方がいて、同郷の私も嬉しく思います。


他人のモノマネをしても、結局は自分の個性というかカラーが出てしまうものなので、中森さんは、中森さんの歌を作っていけば良いと思います。
笹井さんに憧れて、敬意を表して作ることは賛成します。


でも、できれば、そういう想いから解き放たれて、自由に歌うことができるようになれば、笹井さんも喜ばれるのではないか、と言うような気がいたします。
彼は優れたカウンセラーでもあったので、中森さんが中森さん独自の道を進むことを喜ばれるのではないか、と思います。


どうすれば中森さんの御心が満足するかは、私にはわかりませんが、空虚感を満たすためには、歌人として認められることより、他にも道はあるような気がいたします。

笹井さんは、「健康な体とおだやかな心があれば、短歌を作れなくても良い」とおっしゃっていました。

中森さんが心の平安を手に入れられるのを、祈っております。

遠くからですが、応援しています。


抱尼
空行抱尼 2009/10/25(Sun)21:51:54 編集
お返事。
>空行抱尼さん
はじめまして。中森つんと申します。
笹井さんの同郷の方から見つけていただいて、嬉しいです。

私も病気の治療を行いながら短歌を詠んでおります。笹井さんのおっしゃったように「健康な体とおだやかな心」があったら、短歌を詠んではいなかったと思いますし、ここまで笹井さんにのめり込むこともなかったんじゃないかと思います。

自分でも、もっと自由になれたら、と思うことがあります。笹井さんを追いかけてばかりいないで、もっと自分らしさを見つけることに意味を見つけるべきだと思っています。しかしながら、この療養の中で短歌を詠んでいる最中である今、それをなすことは難しそうです。心が、笹井さんの短歌に依存をすることで、安心感を得てしまっているからです。

しかしながら、自分の道を見つけることで、あるいは他の道を見つけることで、笹井さんに認めていただけるのだとすれば、私はその方向を見つけていきたいと思います。

笹井さんにまつわるお話、ご丁寧なアドバイス、どうもありがとうございました。
中森つん URL 2009/10/26(Mon)12:44:05 編集
そうですね。
こんにちは。
病気療養中で、お歌を作ってらっしゃる中森さんには、少々酷なことを書いてしまったようで、申し訳なく思います。


自分の苦しみも悩みも、自分で表現することで、しばしでも忘れることができるなら、それは素晴らしいことだと思います。



「ジャーナル・ライティング・セラピー」と言って、自分の好きなことや、もの、人などについて文章をたくさん書くことで、病気を治療する方法もあるそうです。


だから、文章を(短歌に限らず)書いていくことは止めないでくださいねw


短歌を書くことで、同じ病気の方や、悩みを持つ方々に、希望や慰めを与えることもできると思います。


自分がつらい時は、だれかほかの人をはげますことで、自分自身が救われます。


笹井さんも、不登校の子供たちの悩みを、親身になって相談に乗ってあげたりもなさっていたようです。


中森さんも、自分の苦しみや悩みから抜け出たいのであれば、自分のできる範囲で、だれかほかの人を励ますことをなされば、少しずつですが、心も満たされてくると思います。


もちろん無理をしてはなりませんが、


自分の苦しみ・悩みだけに囚われずに、それを忘れた活動ができた時に初めて、心の休まる時が訪れるのではないかと思います。



参考にしていただいて、中森さんが幸福を感じる道を進んでくださいませ。

抱尼
空行抱尼 2009/10/26(Mon)14:05:18 編集
お返事。
私は「笹井さんが好きだ」と言っておきながら、笹井さんのことをよく知りません。彼が亡くなったときの特集番組で初めて、彼の作品に触れました。もっと早く短歌を始めていればと何度も思いましたが、それは叶うことなく、いつも彼の姿を探しています。ですからこうして、笹井さんがどういう人であったのかを教えていただけて、とてもうれしいです。

笹井さんは自分の世界だけに閉じこもらずに、他人の世界にまでいって、助けてあげていたんですね。笹井さんの真似ごとをするのであれば、同じように他の誰かの助けになるべきなんですね。

私は私の世界に閉じこもりがちで、短歌でそれを解放させているようなものです。だから今は書くことをやめることはできません。いつか、その苦しみや痛みから少し離れた場所から自分を見つめることができるようになり、そして短歌を詠めるようになる日が来ると信じて、いまを生きようと思っています。

たくさん、笹井さんのお話を聞かせてくださって、ありがとうございました。教えていただいたように、また別の笹井さんを追いたいと思います。
中森つん URL 2009/10/26(Mon)16:48:58 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク