忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『愛想のアポトーシス』

金魚ならよかったろうに ひとかきでたなびくヒレが君を惑わす

うずらならよかったろうに 産みたての命をいっそ丸飲みにして

イルカならよかったろうに ラッセンに見初められれば億万長者

ワインならよかったろうに 血流と深い契りを交わして巡る

時計ならよかったろうに 秒針が静止する日を待ち望む鳩

心ならよかったろうに 快楽も絶望もまた生存の糧

海辺ならよかったろうに 常闇の調べ悲しく立つ波もなし

しし座ならよかったろうに 夏空に息が詰まってしまうほど、愛

かの人とそっと結んだくちづけはあるいは赤くあるいは青く

そよ風よこれを翼に乗せてくれたとえ私が何であっても

<「未来」No.719 2011年12月号>

--------

未来詠草、最後の作品です。

未来の彗星集のシステムは、
加藤先生が一番いいと思った作品がひとつ、
「未来広場 みらい・プラザ」で紹介されます。
彗星集の欄で、その月に良いと思った五作が前置きされ、
後、住所が北から南の順番で掲載されます。

今回「中森つん」を前面に出し切ったこの作品が、
その五作のうちのひとつに選ばれ、加藤先生から、
「彗星集の中でも新しい世代だが、すでに個性を開示している」
とお褒めの言葉までいただきました。
ありがとうございます。

わずかな時間でしたが、お世話になりました。
結社の皆さん、これからのご活躍を願っております。
特に同期の女性陣におかれましては、
その才能を生かし、伸ばし、時には悩み、
いつか御歌を世間に認めさせてください。
応援は出来ないかもしれませんが、見守ります。

加藤先生、貴重な経験をつませてくださったこと、
誠に感謝いたしますと同時に、
こうして結社を抜けることを選んだこと、
恩を仇で返すようなこと、申し訳ございません。

ありがとうございました。

中森 つん(未来・彗星集所属)
PR
『夜の胎動』

愛は死を種子の枯死を望むのだ鉛のような夜の胎動

我々と同化しましょう 腫れあがる嘘つきどもの扁桃腺よ

カノンなら左脳の奥の引き出しの蓄音機にて視聴できます

空欄は異端の意思を受け入れず万年筆の減りゆくインク

生きながら考えながら変えながら乾かぬ海の至上命令

くちばしでめかしこみつつ半宵に集う名無しの阿呆鳥たち

降りそそぐやさしい光 それはもう火傷するほどやさしいのです

日曜の午後に群がる徒波はあまたの岩に打ち砕かれて

<「未来」No.718 2011年11月号>
『センチメンタルサーカス』

隙間からのぞくテントは鮮やかに回帰思考を君から奪う

夢・希望・愛を手中でジャグリングかまして座る王様のイス

くぐれずに火の輪をじっと見つめてる 月の向こうで光る太陽

地球儀をただのボールとして乗ればどこかの国が足裏の下

命綱なんてそもそもありもせず落ちたらそこで試合終了

心臓へ突き刺さるのは健全に生きる他人のまなざしナイフ

ちぐはぐな歯車たちが集まってサーカスはまだ朝を知らない

<「未来」No.717 2011年10月号>
『ラビット』

飛びこえてみたいもんだねこの国に広がっている暗雲とやら

寂しいとすぐに死んじゃう心ごと丸かじりする勇気はあるの?

とび跳ねた先で待ってる呼吸すらためらうほどの素直な虹が

「出来るかも」じゃなくて君がやるんだよ兎にも角にも両手伸ばして

ライフイズビューティフル さあ飛び出そうなんせ今年はうさぎ年だし

他人より少し欠けてるにんじんを咥えて走る脱兎のごとく

泣きはらす赤い瞳で睨んでる押し付けし合う「諸悪の根源」

<「未来」No.716 2011年9月号>
『オベリスク』

祈りでも願いでもなくこの声は伝染すべきほほえみの糧

テイクオフ ここは嘆きの空なのだ君の心とドッグファイトを

街並みも絆も愛もめちゃくちゃでそれでも今日も星は瞬く

その胸の施錠をちょっと解除してひとりぼっちへ届けときめき

見えそうで見えない未来だからこそ愛の軌跡をここに描くよ

誰かから複製された理由など捨てて自分の刹那を生きる

ラララララ泣いていないで夢を見る力はずっと上昇気流

もう夜を振り返らないびしょぬれの翼のためのあたたかな歌

<「未来」No.714 2011年7月号>
『コスモス』

燦然と置かれた金の冠はさしずめ貴方の安心毛布

狭間にて優雅な午後のひとときを味わううちにステルスメイト

「ティータイム」書き残されて皿の絵の妖精たちは祈りを捧ぐ

奇跡など信じていない(濃紺の六等星の輝き程度)

絶望の牢獄の壁一面に描くシルバーラメの星雲

さなぎから羽化した後に残される器へそっと紅茶を注ぐ

はばたけばどこかの森で蝶が舞い度の終わりに近づいていく

<「未来」No.713 2011年6月号>
『病床メモリ』

ひんやりと廻り続ける右腕の黄金の色の導入麻酔

正確な針が佇む 溶融の速度はとうに超えているのに

まなざしのすべてが狂い低酸素水槽内の静かな呼吸

真っ白に溶かされ眠る子供たち奪い取られた至純な思考

融合の反応はなくただ個々の人間として寄り添う二人

液化した台詞の端で夢を見る記憶回路に産むアイコトバ

少しずつ風は消えてく もう揺れることのない淡色のカーテン

死の匂う最終章に身をゆだね昼明かりさす窓辺にくゆる

一日を徐行しながら沈み逝くオイルの切れた蒼い夕暮れ

<「未来」No.712 2011年5月号>
『風のうらがわ』

くつべらの持ち手あたりを軋ませてあなたは風になったのですね

三日月に抱かれて眠る夜のこと琥珀の奥で聴く子守唄

この本の詞翰の間に住む人のさらさらと降るやさしさのメモ

散りばめているのではなく敷きつめているのだと知る言の葉の森

髄液に虹のかけらを流された一期病の恋かも知れず

若い詩が戯れながらしなやかに折り重なって綴じこめる愛

音階に青い小鳥を飼いならすココヨココヨと鳴いていたので

隙間から童話を挿した本棚で雪割草のしおりが眠る

図書館のひとり寝のする中庭でささやきかけるささくれた春

ひたひたにされるあなたの心地よい琴の音響く風のうらがわ

<「未来」No.711 2011年4月号>
--------
この連作を笹井宏之さんへ贈ります。

以前発表した『笹の音を奏でる風』の続編のようなものです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク