忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悲しみにおかされながら本当の色を見つけたカラフルな画布

いつかくるさよならのため切れにくい糸で小指を結んでおこう

おそらくは夢の中でも君の手に触れていたので汗ばんでいる

乾杯を交わしたたびに溜まってく心の中の涙のカップ

しっかりと悲しいだけの朝が来て涙線のスイッチを押していく

潮風のタオルケットでくるんだのだから涙の匂いがするの

本当に私に宛てて届いたの?大きすぎてるこの絶望は

呼吸する君の寝顔を見ていたら言われてしまう「これでおしまい」

PSで始まる恋のお話に続きを書けず出せない返事

真夜中の虹が見たいと言ったけど君が星にはならないでいて

まなざしで溶けた言葉を拾いあげもう一度言う「君が好きです」

言の葉が君の命の対価なら私は歌わぬカナリアになる

歌声は神のもとへと届かずに曇天が飲み消化していく

あざみたく君が遺したくちづけがぴりぴりしてて生を主張す

神様がふるいにかけて幸せを見る権利すらない私たち

--------

以前何首かアップしましたが、連作の一部だったのです。
絶不調のときに書いた作品なので、これといった一首もありません。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
絶不調でも作歌するというのは、いいことですね。
はづき生 2010/04/12(Mon)10:44:04 編集
お返事。
不調のときだからこそ詠めるものがあったり、自分ではたいした作品ではないと思っていても、誰かにはいい作品だと思ってもらえたりするので、なるべく無理をしない程度に詠んでいます。
中森つん 2010/04/15(Thu)14:41:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク