忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『海のアドリブ』

雨ざらしさせつつさます体温で月夜の海に流した手紙
照らされて青くまたたくさざなみへひたす魂まだあたたかい
低気圧変えた手法で泣きながら白鳥はただ水面に浮かぶ
青年はイルカの泳ぐ姿だけ描き続けて億万長者
絵にすぎず入水できぬ誘い水投身したくなる深緑
さびしさの色に染まった指先のパステルかおる午前四時まで
アトリエへ潮風そっとおしよせる画家はどこかに去ってしまって
窓枠の小さな四角乏しさはかもめ一羽も捕らえられずに
レモンより黄色いものが浮かんでる星のむこうにあるべき未来
どぶーん! とどまんなかへと落ちているみんなの浅い浅い絶望
港場の哀愁ゆえのぽつぽつとコンクリートに増える黒点
亡くなった人を想えば沈みゆく彼女の部屋へさしこむ灯り
夕方になると毎日思いだすあの夏の日のサイダーの味
レコードをまわしてひとり朝焼けの揺らぐこころを瞳に映す
おもむろに腹を開いてとりだして喜ぶ人を待つ真珠貝
どうしても日記に書けず飛び込んで貝殻拾う少年水夫
コウイカの硬い身体に守られて僕はあおあお喚き散らした
スイッチを入れれば酷い雑音を歌う波止場の蓄音機すら
海底の骨董屋にて流氷の軋むオペラを聴くアンモナイト
ため息は真白い風にさらわれるたまには群れたペンギンに会う
遠洋に旅立つためのかたまりのあつい背中に寝そべっている
対岸の夢を渡って流れ着き疲れたでしょうゴマフアザラシ
魚だと思っていたら真夜中に鳴く一匹の子猫の涙
ひとしずくしょっぱいものを飲みこんで海の起源を知ったウミウシ
始まりの予感抱いてわたあめは高く高くの宇宙へのぼる
いつのまにはやる心を捕まえて溶ける氷が涙に変わる
ときめきはプライスレスと気がついてぴかぴか光るホタルイカたち
ひんやりと冷たいイスに腰かけて八戸港で遊ぶウミネコ
明日もし君が壊れてしまってもさよならは言わないよ薄氷
止まらなくなって地球が水たまりそれでも生きているんだ今日も
----------
短歌研究新人賞投稿作品です。今年も駄目でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク