忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北風が部屋へ転げた朝方の鼓動の止まる気配静かに

ゆっくりと咀嚼をすれば飲みこめず死の訪れのデザートナイフ

凍傷の瞳の奥の涙たち産まれる前に水へお帰り

脆弱な論理がゆえにみな凪がれ穴ばかり開くわらばんしの帆

正面にかまえて哂うその顔を閉じ込めている漆黒の淵

はかなさのかけらもなくてさざ波は寄せては返すモノクロの浜

鬼灯で桃源郷を映しだす異質異彩のプロモーターは

塵ひとつ残さない意志ちりとりで灰のすべてをかき集めつつ

止まり木の代わりの器 乳白へおさめるもまた乳白の鳥

悲しみは乾いてやがて蒼くなり空へのぼるよ海へわたるよ

誰からも愛されたいと願うのは鎧ではなく稚拙な虚栄

ひらめきをアイデアにして息吹かせる作業速度は星の瞬き

散乱は広がるものの思考だと一ビットさえ拾いながらも

魂の主張まっすぐ導けば知識の海でクロールをする

すれすれの白線に立ち善悪と希望の矛の先を差し出す

観測者 梅チャーハンを頬張って胸に祈祷の異形の思い

不条理がお似合いすぎてブローチにすれば得体の動機は光り

獅子宿る視界捻れて現生を見さだめにやり笑む風雲児

小噺をひょいと作ればなるほどとと猫も頷く恵比寿の夜は

少年へ羽を与える手伝いは使者のふりして聞かせる神話

神様になる気はなくて青い鳥放してぴゅいと口笛を吹く

才能の産まれる場所へ流星が降るのはたぶん(いいや)奇跡だ

可能性 実験台のモルモット回す水車で照らす満月

天照岩戸開けると物好きがタイムラインでわく音楽隊

虹色のジュークボックス踊ろうかYMOの七線譜にて

触れること求めることに無我夢中なりすぎ影が這い寄る背中

鮮やかな未来嘆くも必然の末にあなたが去った窓枠

戸惑いも輝く過去に囚われて脳裏メモリは修復不能

それぞれの涙雨まだやまなくていついつまでも空が晴れない

歴史さえ変えたあなたが消えてゆく世界へ問えば十人十色

悔しさも泣くも後から訪れて攫われないで仮想の轍

無限にはなれないはずの愛情がエンドロールで流れ残像

コンテニューボタンを押して繰り返す些事な永久だと気がつける為

現実が融けてしまって崩れゆく空 受け止めて歩き出す今

有限を確かめるべくオリオンの向こうに夢を投げつけてみる

今日明日振り返らずに歩くべき姿を誰か見ていて誰か

挑戦は追えば追うほど気がつけば宇宙語になる道しるべの絵

裂傷を負いながらなお進むのは向かい風すらあたたかいせい

巡りあう何度でもまた巡りあう流星よりも願いは熱く

旅立ちの朝に贈ればフリージア忘れはしないジレンマと愛

透き通る季節の中で汽車に乗る痛みは少しやさしくなれる

雪の華かんこんきんとピアニカを奏で届けるあなたの手紙
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク