忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある朝に「醜いままのアヒルの子」母は私にそう言いました

レベル1装備はただの棒だけでラスボスという母に会います

母からの罵詈雑言はおさまらずとも味噌汁は懐かしの味

わかり合うことはできずに私たち同じ時間にコーヒーを飲む


--------

うたのわにアップした「母親」に関する短歌です。
私はいま実家を出ているのですが、その原因は神経質な母親による過干渉と「母親の愛」と言う名の暴言でした。日々のストレスに加えて、母から受けるストレスでパンクして、もともと打たれ弱かった心がぼろぼろになってしまいました。「これ以上実家にいてはいけない」と思い、彼氏さんの助けを受けてようやく実家を出て、今の生活を手に入れました。それでも、見えないところから受ける母親のプレッシャーから逃れられず、カウンセラーさんにも「未だに母親からのコントロールにとらわれている」と言われるほどです。一首目は実話です。

つい先日、実家に置いてある荷物を片づけに三泊四日の帰省をしてきました。それが二首目、三首目の短歌です(二首目の短歌がなべのふたではないところがポイント。要するに守るすべを持っていないという意味)。私の病気が遺伝性のものであることを認めたものの、自分が今までしたきた過干渉についての非を認めることはなく、むしろ病気ならそばに置いておきたいと言い出しました。それが病気の原因なのに。

結局、きちんとした話し合いができないまま一時休戦となり、帰宅してきました。今朝、新しく購入したコーヒーメーカーでコーヒーを飲みながら、ふと浮かんだのが四首目です。カフェイン中毒なこの親子はきっと、同じ時間にコーヒーを飲んでいるんだと思います。

色んな形で「親子」というものを実感した、実家帰省でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あー、なんだか身につまされる。
うちも、たぶん、かなりなもんなので。
われながらよく同居している。
いろいろあって、家を出ようにもでられないし。
かなり自己コントロールうまくなったと思うけれど、まだちょっとあると抑えるのが大変。
ってゆーか、表面には出していないけれど、つねにぎりぎりだし。
はづき生 2009/08/31(Mon)23:29:12 編集
お返事。
私はぎりぎりを越えてしまった側の人間です。もう少し、母親の言うことを聞き流せていたら、もっときちんとした対処が出来ていたら、こんなことにはならなかったんだと思います。ですが、今の暮らしに後悔していないどころか、幸せにやっています。
はづき生さんも、親との適度な距離の測り方、がんばってください。
中森つん URL 2009/09/01(Tue)11:56:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク