忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きらきらと輝いている老人の夢のわだちをやさしくなぞる

選者加藤治郎さん
「夢のわだちというものは老人の生きてきた痕跡なんですね。きらきらと…夕日の情景を思い浮かべましたけれども、その老人の生きてきた年月、それを作者がやさしくなぞる、思っている、追体験しているという歌で、老人への深い共感のある歌だと思います」

--------
この短歌にはふたつの意味をこめておりました。ひとつは加藤さんが読み取ってくださったように、老人、人生の先輩への尊敬です。もうひとつはとてもくだらない意味ですので、ご自由にご想像ください。

今回はお名前を存じ上げている夏実麦太朗さんや同じ彗星集の方とご一緒させていただきました。

図らずして、先日逝去した祖父の名前が含まれており、追悼の短歌となったことを嬉しく思います。

追記。
夏実麦太朗さんの表記を間違えておりました。誠に申し訳ございませんでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとうございます
つんさん、ご無沙汰しております。相変わらずブログは拝見しておりましたが、コメントは久しぶりで緊張します。

N短採用おめでとうございました。
「夢のわだち」という言葉が印象的で、きらきらという響きと相まって歌全体がぽわんと光るような不思議な感動がありました。

先日の夜ぷちの土星の歌もとても素敵でした。
また、未来も毎月楽しみに拝読しております。

寒い日が続きます。どうぞご自愛ください。
小林ちい 2011/01/21(Fri)12:44:06 編集
お返事。
>小林ちいさん
こんにちは。こちらこそご無沙汰しております。御短歌は各所で拝見させていただいておりますが、そのご活躍ぶりはどちらにおいても変わらず、素晴らしく思います。

「夢のわだち」という言葉が浮かぶと同時に、その情景が広がりました。こうしたやさしい雰囲気の短歌を詠むことはあまり多くないので、大事にしてあげたいです。

夜ぷちはテーマが「大風呂敷」ということでしたので、もうどーんと宇宙へ飛び出してみました。以前、ちっちゃいことは気にしない方に採用していただいたので、スケールはでかくいこうというのがこれからの方針です。

寒波到来にもれなく体調を崩しておりますが、ほどほどに頑張って生きたいと思います。またいらっしゃってくださいませ。
中森つん 2011/01/21(Fri)16:33:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク