忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「散る散る、満ちる」

ありきたりではあるけれどお花見に誘いましたがいかがでしょうか?

どうせなら夜桜くらい綺麗だとしらふのままで君に言いたい

芽吹いてはならぬ恋だとわかってて桜の散るを見届けるいま

君と見る桜が急に切なくて散り際ふいに奪う唇

またね、だけ約束しよう もう二度とあえないと知る桜並木で

淡色の花咲く頃に逢いましょう 頬も同じく染めあげながら

散る前に言いたかったよ サヨナラで始まる恋は舞うはなびらの

繋ぐ手を離さず歩く並木道抜けたらそこで最後のキスを

いつか散るそれだけでいい 恋なんて数多の時の想い出の中

桜ではなかったことを思い知る千切れてしまいそうな身体で

去年まで隣に君が居てふたり舞い散る花弁集めていたね

相棒のサイドミラーに張り付いたハートをひとつつまんで捨てる

(泣いている)目が覚めたとき思い出す君の誕生日であることを

誰よりも愛嬌のある人だからダイジョウブだよダイジョウブだよ

検索はしてはならない ひとりきり過ごした君の哀しみを見て

かすみ草だけの花束贈りつつ祈る笑顔のきらきらひかる

夏が来てうだる暑さを乗り越えて飲むブラックのアイスコーヒー

共犯で食したソフトクリームの溶ける速度で深まる愛の

風がまた少し冷たくなってきて紅葉の奥へ列車は走る

寒いねと繰り返すこと多くなりぐるぐる巻きの君のストール

指先が冷たいことに気がつかずごめん 両手は祈りのごとく

ふたりして鍋つつきあう土曜日の夜はあたたか(過去のお話)

主犯者はたぶん君だと決め付けて冬の終わりが怖くなってた

君は今日僕は明日を見つめつつ過ごした夜のカレーを想う

着信のピンクは君の専用のランプ メールが一通届く

「花粉症つらいね」とだけそっけなく映る画面に落ちた水滴

「そうだね」とだけそっけなく返すメールの向こうに君は

ああそうだ、思い出したよ今更になってこんなに好きだったこと

変わらずに微笑む君のその視界すべてに僕が映る春の日

何度でも蘇る花 祝福の桜咲いたら心が満ちる
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは^^
桜の花びらを象徴するような薄紅色に染まった言葉たち。私は良いと思います。特に最後の一首が。
田中彩月 2013/04/12(Fri)23:46:41 編集
こんにちは。
返信遅くなってしまい、申し訳ございません。
特に意識して詠んだものではないので、
お気に召す一首があったようで、
とてもうれしいです。
【2013/05/10 17:12】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク