忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「夜はぷちぷちケータイ短歌」(NHKラジオ第一)にて
短歌が1首放送されましたのでご報告です。
--------
月間テーマ「隣」
穂村弘さん選
降車駅一駅過ぎただけなのに夜の明かりの色がまぶしい
(放送内採用)
--------
「前回の番組を聴く」から約1週間聞くことができますので、
お暇がありましたらどうぞご確認くださいませ。
34分00秒ごろです。

ほむられました。自分に拍手。
2週間連続放送内採用という嬉しさに、
穂村さんに選んでいただけたという上乗せ。
思わず猫を掲げて部屋を走り回りました。
(直後に倒れたのは言うまでもなく)

今週はHowto短歌に薫智さんがご出演されておりました。
穂村さんから直々にアドバイスいただけたこと、
羨ましい限りでございます。
また、今週の一首にはむしたけさんが選ばれておりました。
かねてより「穂村ワールドに一番近い男」と勝手に思わせていただいており、
独自の感性の鋭さにはいつも驚かされております。
他にも多数採用されている方々がいらっしゃったり、
やはり穂村さんの人気の高さに圧倒されるわけですが、
私は私なりに頑張りたくない気持ちで進もうと思います。
PR
「夜はぷちぷちケータイ短歌」(NHKラジオ第一)にて
短歌が1首放送されましたのでご報告です。
--------
企画テーマ「告白」
南沢奈央さん選
「先生は第二志望で先生になっただけです」生徒に言うな
(放送内採用)
--------
「前回の番組を聴く」から約1週間聞くことができますので、
お暇がありましたらどうぞご確認くださいませ。
11分15秒ごろです。

久しぶりの放送内採用、ありがとうございました。
バレンタイン直前なので初々しい「告白」が求められていたわけですが、
どうしても私の記憶に残っている「告白」がこれです。

中学生のとき、理科の授業の最中に誰かが先生に
「どうして教師になったんですか?」と聞いた返答でした。
本当は研究者になりたかったそうなのですが、
採用試験に落ちてしまい、第二志望の教職へ進んだそうです。
見事に教室が静まり返りました。
この先生が学年主任でいらっしゃったので、
生徒たちの進路はことごとく迷走いたしました。

今回はお名前を存じ上げている方や、
当ブログにお越しくださっている方々に囲まれた採用で、
とても嬉しかったです。
田中ましろさんの睡眠時間を奪っているに違いない「うたらば」のブログパーツが更新されました。今回のテーマは「白」+自由詠。応募総数117首もの中から(いつ投稿していたのか忘れておりました短歌を)優しい愛の手で採用していただけました。(採用数17首)

年賀状だけで連絡とっていた彼女の白いウェディングドレス

中森つんのイメージカラーは「黒」だと思っております。なので、その真逆である「白」というのは羨ましさと妬ましさがごっちゃになった感情があります。私は式を挙げていないので、そのウエディングドレスにはせる思いは「おめでとう」じゃないんだと思います。ここに書かれている「彼女」が友人ではなく、元彼の奥さんになった人だとさらにこの歌は黒くなりますね。

今回の応募総数はもしかして、過去最高でしょうか。だとすると、うたらばの知名度や価値が上がっているということですね。どうやってましろさんの努力を労わらせていただけるかわかりませんが、こうして投稿を続けさせていただくことで、何か恩返しが出来たら嬉しいです。
「夜はぷちぷちケータイ短歌」(NHKラジオ第一)にて
短歌が1首採用されましたのでご報告です。
(HP内採用)
--------
企画テーマ「転校生」
手を振った三ヵ月後のポストには雪の切手の封筒届く
--------
いまさらですが先々週分の採用報告です。

ここ2週間ほど風邪をこじらせて寝込んでおりました。
色々と投稿をお休みしてしまいましたが、
今週からまた復帰したいと思いつつ、
どうにもそうはいきそうにないこの虚弱体質が憎いです。

栄養ドリンクは毎日飲むと、心臓に悪いんですよ。
からっぽの額縁だけを抱きしめて震えて泣いた風が止むまで

短歌研究1月号「うたう☆クラブ」第109回 穂村弘コーチ選

今月号の巻頭作品は穂村弘さんです。また、その他にもとても読みごたえのある連作やエッセイが多数掲載されており、しっかりと目を通すのに時間がかかりそうです。

特集の「わからない歌」にも興味を惹かれます。何を言いたいのかわからない歌、読み手の力量によってわからない歌。様々な「わからない歌」を各歌人が問い、解いていきます。「短歌は人に伝えるもの」という理論を念頭に置きつつ、私は前者の短歌を詠んでいるつもりです。私の短歌を読んで、すんなりとその意味や思いに気がつくことが出来る人は、きっと悲しい人です。
NHK短歌2月号にて短歌が採用されましたので報告です。
--------
加藤治郎さん選 テーマ「街」佳作

街路樹の彩り変えて北風は素知らぬ顔でひゅうるりと鳴く
--------

今月号では、選者の加藤治郎さんのコーナー「短歌のドア<縁語>」にて、2010年10月10日の入選歌が引用されております。投稿歌が放送されただけでも嬉しかったのに、こうした形で再び評価をいただけるということは、とても光栄でございます。ありがとうございます。

また体調を崩しております。検診によると昨年見つかった卵巣のう種が肥大しており、もう少し大きくなったら手術で取り出すそうです。一時的にピルを休憩しておりましたが、四六時中下腹部に痛みがあり、作歌はおろか睡眠もとれない状態にありますので、血液検査の結果を待って、再開する予定です。薬を飲んでも飲まなくてもつらい。

精神不調のほうも、自分が気がつかないうちに悪化している模様です。先日、誤字の指摘をいただきましたが、ここ最近の文章物を見直してみると、誤字脱字だらけで驚きました。文章としてもはたして人様にお見せできるものであるのか、心配になってまいりました。もしそのようなものを見かけましたら、遠慮なくご指摘いただけますと助かります。
田中ましろさんが私財と自由時間を投げ打って制作されている「うたらば」のブログパーツが更新されました。今回のテーマは「はじまり」+自由詠。応募総数78首もの中から採用していただけました。(採用数12首)

産声をあげて輝く嬰児のベビーベッドに落ちる流星

今回はなんと、ましろさんの美麗画像に合わせて「うたらば」トップページに表示される「表紙フォト短歌」なるものに選んでいただきました。こんな機会、めったにないんだからね!ということで、ぜひとも「うたらば」HPにてご確認いただけたら嬉しいです。私の短歌がこうした形で発表されることは、大変珍しいことです。

自分でも趣味で写真を撮ったりいたしますが、人様の目に触れるような素敵なものを撮ることは出来ませんので、ましろさんの技術とセンスには感謝です。

うたらば
http://www.utalover.com/index.htm
「夜はぷちぷちケータイ短歌」(NHKラジオ第一)にて
短歌が1首採用されましたのでご報告です。
(HP内採用)
--------
企画テーマ「大風呂敷」
加藤治郎さん選
今年こそ宇宙旅行へ行っちゃって土星のわっかを指輪にしたい
--------
本年最初の短歌採用です。ありがとうございます。

今回の採用数を拝見いたしますと、夜ぷち短歌人口の多さ、
年齢層の幅広さに驚かされます。
あちらこちらの雑誌で今年は俳句・短歌ブームが来るという噂を見かけます。特に、そういう伝統を大切にする女性を「雅美女」と呼ぶんだそうな。私も年に数回着物を着たり、短歌を詠んだりいたしますが、まったく雅な女ではないことを、ここに書き残しておきます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク