忍者ブログ
おがくずをここに捨てれば身綺麗になれるはずだと思ってました
[162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

短歌研究8月号「うたう☆クラブ」第104回栗木京子コーチ選の掲載情報です。栗木京子コーチとやりとりをして、改作をしていった一首なのですが、これが最終的に原型をとどめていないのが面白いので、今回はその過程もアップしてみたいと思います。
--------
投稿作品:違反だとわかっていても止められぬかっぱえびせん級の愛情
栗木コーチ:愛の速度はまさに「やめられない、止まらない」の迫力。あえてユーモラスに表したところに、自分の心を制御できないとまどいを読み取ることができます。ただ、このままではどうも大雑把な感じ。上句と下句が同じようなことを述べているのも気になります。相手のことなどを上句で具体的に表してみてはどうでしょうか。

改作:答案にハートを隠す先生のかっぱえびせん級の愛情
栗木コーチ:先生からの愛情なのですね。改作2のドラマチックな設定が面白いと思いました。このままでもほぼ完成作なのですが、読み返してみると、下句が軽すぎるかなぁ、という気がしてきます。「愛情」と名詞止めにしたのも窮屈な感じ。とめられない気持ち、というのを別な表現で伝えることはできませんか。

改作:答案にハートを隠す先生をかっぱえびせん並に囓った
栗木コーチ:「囓った」の無邪気な凶暴性が素敵です。ただ「かっぱえびせん並に」にぎこちなさが残ります。「かっぱえびせん」という語が長すぎるので、使いにくいのでは?この際、かっぱえびせんへのこだわりを捨てて、もっと違うものを囓った設定にしては。

改作:答案にハートを隠す先生の真っ白なYシャツを囓った
栗木コーチ:「かっぱえびせん」の箇所、初めのアドバイスと大きく変更してごめんなさい。愛の強さは残したいと思いつつも、どうも三十一音に「かっぱえびせん」はなじみにくい気がしてきたのです。「真っ白なYシャツを囓った」の改作、切れ味がよくて、インパクトがありますね。答案の白さとYシャツの白さが呼応していますし、「囓った」の型破りな感じが際立っています。これを最終稿にしましょう。
--------
ご覧の通り、最初「かっぱえびせんが良い」と言われて改作をしていくうちに、「かっぱえびせんを抜こう」という話になったので、なかなか大変な作業でした。それでも、意味としては同じであるのに、まったく別の作品ができあがるというのは面白かったです。「うたう☆クラブ」の良いところは、時々こうしてプロの歌人さんから直接指導していただけることですね。勉強になります。
PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
中森つん
性別:
女性
自己紹介:
穂村弘さんに影響を受け、2009年、短歌にベクトルをあわせ出発進行。雑誌やメディアでの掲載・採用情報、結社詠草の情報置き場。尊敬する歌人は笹井宏之さん。
結社「未来」の「彗星集」所属しておりました。申し訳ございませんが、歌意の説明は控えさせていただいております。
2011年12月活動休止。2013年4月活動再開。
来訪記録
参加中
ランキング参加中。 クリックをお願いします。
最新CM
[06/08 辻]
[08/15 xqalhjiznm]
[08/14 bqarhnolkf]
[05/16 中森つん]
[05/15 薫智]
リンク
参加してます。 お気に召したら拍手をくださると、 大変光栄でございます。
バーコード
ページ
リンク